業務別 製品&サービス導入事例

配車計画・配車管理業務支援ソリューション

警告: 操作性向上のために,Javascriptをオンにすることをお勧めします

道路貨物運送事業者A様

配車データの一元管理と、荷主企業や取引先とのEDIデータ連係をトータルで実現

plan_drive/intro_plan_drive_0_01.png

従来、運送依頼受付業務や配車業務を手作業で行っていた同社では、当社の業務コンサルティングからシステム構築、導入・保守にいたるトータルソリューションにより、配車データの一元管理と、荷主および取引先とのEDIデータ連係をトータルで実現。
車両の見える化による有効活用をはじめ、サービスの向上、受発注業務の効率化など、絶大な効果をあげました。


導入の背景

配車業務、運送依頼受付業務をほとんど手作業で行っていたため、時間や車両を有効に使えず、さまざまなロスが発生していました。

「配車計画 導入の背景」概要図

導入のポイント

業務コンサルティングを実施し、問題点の洗い出し、解決策の提案を行い、要件定義からシステム開発、導入、保守に至るまでを一括して請け負いました。

「配車計画 導入のポイント」概要図

システム概要

業務コンサルティングを実施し、問題点の洗い出し、解決策の提案を行い、要件定義からシステム開発、導入、保守に至るまでを一括して請け負いました。

「配車計画 システム概要」

導入効果

配車データの一元管理と、荷主および取引先とのEDIデータ連係をトータルで実現。 車両の見える化による有効活用をはじめ、サービスの向上、受発注業務の効率化など、絶大な効果をあげました。

車両の配車状況と積載率を 見える化し、車両を有効活用

システム上で車両の配車状況と積載率を見える化し、すぐに問題点の改善を行うことで、車両を有効に活用することができた。

荷主からの問い合わせ に対して、迅速に対応

データが一元化されており、配車状況をすぐに確認することができるため、荷主からの問い合わせに対して、迅速に対応することができた。

サービスの向上

荷主に対して、配車された車両情報を送付することで、サービスの向上が図れた。

受注業務を簡素化

荷主ごとに異なった受注方法をEDIで統一化させ、受注業務を簡素化し、作業効率の向上が図れた。またデータ連係システムを活用したことで、複数荷主のEDIデータを汎用的に取り込む機能を実現し、新規取引先のEDIフォーマットに迅速にシステムを対応させることができた。

データの二重登録作業を撤廃

各システムとのシームレスな連係を実現し、データの二重登録を失くすことができた。

発注業務の効率化

配送の一部を委託している業者に対して、運送依頼データを送付することで、発注業務の効率化を実現した。

道路貨物運送事業者B様

配車データの一元管理で、配車効率の向上と収支の見える化を実現

plan_drive/intro_plan_drive_1_01.png

従来、配車業務を手作業で行っていた同社では、基幹システムとシームレスに連携した配車計画システムを導入。配車の一元管理により、部門間での振り替えや調整も容易にできるようになり、全社的な配車効率の最適化と収支の見える化を実現しました。


導入の背景

配車業務をほとんど手作業で行っていたため、時間や車両を有効に使えず、さまざまなロスが発生していました。

「配車計画 導入の背景」概要図

導入のポイント

業務コンサルティングを実施し、問題点の洗い出し、解決策の提案を行い、要件定義からシステム開発、導入、保守に至るまでを一括して請け負いました。

「配車計画 導入のポイント」概要図

システム概要

受注から作業指示書の出力、輸送実績管理システムへの配車割付の自動取り込みまで、基幹システムとシームレスに連携した配車計画システムを構築しました。

「配車計画 システム概要」

導入効果

配車データの一元管理と、収支の見える化をトータルで実現。 車両の見える化による有効活用をはじめ、業務の効率化や収支状況を即日把握できるなど、絶大な効果をあげました。

配車依頼状況の
見える化

システム上で車両の配車状況や積載率を見える化し、受注情報の内容や状況変化の「見える化」を実現した。

車両管理の
効率化

自社の車両だけでなく、他社の車両や路線事業者の一元管理もできるようになった。
さらに、複数車両を同時に表示することで、車両間での荷物調整が画面上で容易にできるようになった。

配車の一元化と
全社的な最適化

自部門だけでなく、他部門の情報も一元的に閲覧・管理できるようになった。
部門間での荷物・車両の振替や車両の貸し借りが容易に登録できるようになった。

地図表示による
配送ルートの明示

配車情報や配送順を地図上に表示でき、分かりやすく配送ルートを示すことができるようになった。

収支状況の
見える化

基幹システムとのシームレスな連携により、受注情報および自動運賃計算結果を画面上で迅速に反映して表示できるようになった。
収支管理がリアルタイムで行われるため、日々の収支状況を考慮した配車ができるようになった。

この商品に関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ


配車計画・配車管理業務支援ソリューション

製品紹介